Home > 製品情報 > WMSシリーズ > WMS2

製品情報

WMS2

概要

WMS(Weather Monitoring System)とは

1.計測

2.記録

3.閲覧

の3機能を一体化したモニタリングデバイスです。
WMS2は気象観測システムとして必要な標準的な基本機能を内蔵しています。

▼WMS2外観

▼Webモニタ画面例
Webモニタ画面例

特徴

1.ヴァイサラ製:高性能気象観測センサ対応

WMS2では前製品WMSで定評のあるヴァイサラ製ウェザートランスミッターWXT530シリーズ全種に加え、多様なセンサ(HMP、PTB、WMT、DSC、DST)に対応しています。(※1

WXT536WMT700PWD
DSC+DSTPRB210

2.ネットワーク接続

WMS2のインターフェイスはLANです。
市販ネットワーク機器(HUB、無線 LAN、携帯電話ルーターなど)の連携も容易です。(※2

3.専用アプリ組込済み、ブラウザ操作

本機にはあらかじめ組込Webサーバー、アプリケーションが搭載済みです。

操作、設定はPCブラウザの操作で(※3)モニタリング(※4)、グラフ表示、リポート(日報、月報)表示、CSV形式ダウンロード、PDF印刷出力、簡易メール警報・通報機能が利用できます。

4.長期データロギング

データロギング(蓄積)機能を標準で装備しています。
通常運用条件で5~10年分蓄積できます。(※5

5.小形・省電力・広使用温度範囲

ファンレスCPU採用による低消費電力(1~3W)、使用温度範囲 -20℃~70℃(※6

6.システム拡張性、親和性

単体運用だけでなく、JSON形式のソケット通信機能、生データ自動FTP転送機能を装備していますので、n箇所設置、サーバー別置きシステムなど、独自Webシステムのフロントエンド機器としても利用可能です。

7.セキュリティ対策

受注時に不要な内部サービスの停止、ポートの制限を行い出荷します。

8.カスタマイズ対応

基本機能をベースにカスタマイズすることで、フルカスタマイズより安価に対応可能です。

 

※1:ヴァイサラ社(Vaisala社)は本社をフィンランドに置く気象観測機器、産業用計測機器メーカーです。

※2:携帯電話ルーターはご契約内容、ルーター固有機能によって機能が制限される場合があります。

※3:ブラウザの種類、OSの違いによって、画面の形状や操作が多少異なる部分があります。

※4:リアルタイムモニタリングの更新周期は10秒程度です。

※5:蓄積可能期間は設定内容によります。

※6:防水はされておりませんので屋外での設置は防水筐体が必要です。

構成例

1.単体での構成例

通常のデータロガーを用いた観測システムの構成より、シンプルに簡易気象観測システムが構築できます。

一般的な気象システム構成、WMSを利用したシステム構成

想定ユーザー

研究機関、学校、工場、競技場、テストコースなどの圃場や建物に設置、イントラネットに接続して利用

メリット

安価
一般的に精度、性能が十分に確保できているセンサを組み合わせることにより安価に構築可能

2.WBGT(暑さ指数)機能

WMS2にはWBGT()演算機能が搭載されています。

WXT536アナログ入力付きセンサに黒球温度センサを追加することで機能を利用できます。
WXT536が高所に取付られている場合は更にHMP155(湿度・温度センサ)を追加することで設置高さを意識した構成で利用できます。

WBGT機能利用構成例


暑さ指数とは、熱中症を予防することを目的とした指標です。(単位:℃)
環境省では、WBGT測定値を予防情報サイトとして公開(2019年時点)しています。

想定ユーザー

総合気象を測定している環境下で安全管理を行いたいユーザー

メリット

高価な総合気象にWBGT機能を安価に追加
学校、工場、競技場、テストコースなど観測場所近傍で屋外(屋内)作業に従事している方、労働管理、安全管理の目安の一助として期待

3.多様なセンサ接続構成

WMS2は多くのヴァイサラ製センサに対応しています。

ウエザートランスミッター(WXT530シリーズ全種対応)

総合気象構成(WXT536アナログ入力利用)

視程、現在天気計測

路面状態+路面温度計測

風向・風速(堅牢、高精度)

4.複合センサ構成

異なる複数のセンサの組合わせも可能です。(

複合構成(例):総合気象

複合構成(例):道路管理、テストコース管理

複合構成(例):高精度測定構成


接続するセンサ台数は標準仕様で3種類、最大3台に制限しております。
詳しくはお問い合わせください。

仕様

基本仕様

機能一覧(内蔵アプリケーション仕様)

機能名称 内  容 備  考
モニタリング機能 ブラウザ自動更新モニタ画面
ログイン後利用可能モニタ 最大5種類
ログイン不要モニタ 最大3種類
風向 16/32方位(日/英表記)
更新周期
最短10秒毎程度
グラフ画面 折れ線、棒グラフ表示
トレンド(直近3時間)
日グラフ(10分、1時間単位)
月グラフ、年グラフ
期間(1~10日間)
週(日~土までの1週間)
6種類の折れ線
2種類の棒グラフ
リポート 帳票形式の集計表示
日報(10分、1時間単位)、月報、年報集計表示
期間(1~10日間)
週(日~土までの1週間)
24時間集計方式
CSV形式ダウンロード、PDF出力機能付き
月報集計には旬、半旬機能集計付き
処理表 日(1時間)、月、年単位で集計表示
最大、最小、平均、積算、起時等
ウインドローズ 風配チャート図
日(1時間)、月、年
期間(1~10日間)
週(日~土までの1週間)
静穏集計あり、16/32方位対応
警報検出 警報条件選択10パターン
発報条件、解除条件設定
しきい値、判定経過時間設定
モニタ画面内に表示可
メール通報機能と連携可
メール通報 警報検出設定を連携して最大10ヵ所まで通知可能 メールは外部プロバイダの機能を利用
メール応答 空メールを送信することで現在値をテキストで取得する機能 登録メールアドレスのみ利用可
FTP転送機能 日単位CSVファイルで自動送信する機能 分解能は1分刻み固定
SFTP機能付き
ソケット通信機能 リアルタイム値の応答機能
JSON形式によるタグ付き応答
ポート番号変更可
管理機能 ネットワーク設定
FTP転送設定
メール送信、受信設定
NTP参照機能設定
センサ選択機能
モニタ画面設定機能
リポート画面設定機能
グラフ画面設定機能

機器部仕様

項  目 仕  様
名称 WMS2
型式 UC1224(本体)
UC1173(RS-232C用変換コネクタ)
外部IF LAN 1点
RS-232C 1点(D-Sub)
USB 2点
データ処理 データ蓄積周期:1分固定(サンプリング周期はセンサ設定による)
蓄積期間:5~10年(内臓フラッシュメモリに保存、寿命は設定内容による)
カレンダー カレンダー時計内臓(バッテリーバックアップ)、NTPによる同期機能装備
寸法 本体:130W×100H×35D(mm)
変換コネクタ含む寸法:166H(mm)突起部除く
使用温度 -20℃~+70℃(但し、結露なきこと)
電源電圧 WMS2本体 DC5V±10%以内/2A 専用ACアダプタ添付
変換コネクタ経由センサ供給用 DC24V/2A以上 専用ACアダプタ添付
消費電流 WMS2本体 約2W(DC5V時)
状況 販売中

ご購入前・選定方法

Q.本機はどのように購入したら良いですか?
三興通商株式会社にお問い合わせください。
Q.ヴァイサラセンサの選定、購入はどうしたら良いですか?

以下にお問い合わせください。

三興通商株式会社
ヴァイサラ株式会社

準備・設置

Q.電源は何が必要ですか?

標準梱包物にはWMS2とWXT530シリーズをすみやかに利用できるようにACアダプタが2種類同梱されています。(WMS2本体用DC5V、センサ用はDC24V)

Q.標準添付のACアダプタの仕様は?

WMS2用は5V/2A出力 DCプラグ仕様はEIAJ2 センタープラスです。
変換コネクタ経由センサ用はDC24V/2A以上 DCプラグ仕様はΦ2.1センタープラスです。

Q.添付ACアダプタでセンサ必要電力をカバーできますか?

WMT700とPWDシリーズを除くすべてのセンサ動作電源、ヒーター電源容量をカバーできます。
WMT700とPWDシリーズの動作電源容量はカバーしていますが、同センサのヒーター用電源は別途ご用意いただく必要があります。
必要とする電力は選択するセンサのオプションに依存しますので個別のセンサ仕様をご確認ください。

Q.各種センサとWMS2とをどのように接続したら良いですか?

WMS2とセンサとの接続方法についてはセンサごとに購入者用資料をご用意しております。
お問い合わせください。

Q.雷対策はどのようにしたら良いですか?

WXT530用の避雷装置はヴァイサラ製WSP150が用意されています。

Q.同時に何人ブラウザで利用できますか?

本機を同時に利用できるのはネットワーク性能にもよりますが、10接続程度とお考えください。

Q.InternetExplorer7(IE7)で動作しないのですが

誠に申し訳ありませんが、本機の対象ブラウザはInternetExplorer8(IE8)以降となっております。
IE7ではグラフ表示等いくつかの機能が動作しません。
別なブラウザ(GoogleChrome、FireFox等)をインストールされてご利用されることをお奨めいたします。

Q.説明書はどこにありますか?

WMS2本体に内蔵されています。
WMS2にログインし右上の「ヘルプ」タブをクリックすると、PDF形式の説明書が開きますのでご利用ください。

Q.モニタ画面の風向矢印の背景を変えたいのですが可能ですか?

はい、可能です。指定サイズの画像データを読み込むことで変更できます。

運用・メンテナンス

Q.バージョンアップ、バグ修正はどう対処してもらえますか?

ユーザー登録された方個別に修正用プログラムの配信、ダウンロード先をご連絡をさせていただきます。但し、出荷時のセキュリティ設定によっては、センドバック方式での更新になる場合がありますことをご了承ください。

Q.機器の寿命はどの程度ですか?

5〜10年ほどを想定しています。
機器の寿命は環境にも影響を受けますが、WMS2で一番の寿命は内蔵フラッシュメモリの書換え回数に起因する寿命です。基本の設定では10年程度の寿命が見込まれるような設計を行っていますが、アクセス回数データベースへの書込み頻度設定などで寿命が短くなります。
定期的なオーバーホールへの対応にもご相談させていただきますので、ご購入元にお問い合わせください。

保証について

製品保証規定

この製品保証書は、恵比寿システム株式会社(以下弊社と略す)が以下に定める製品保証規定に基づき、製品の無償修理を行うことをお約束するものです。

保証内容

本製品の保証は、製品保証書の保証期間に取扱説明書およびそれに準じる説明書類に従って正常な使用をしていたにも関わらず、製品のご購入から1年以内に明らかに製造上の欠陥により故障が発生した場合に無償修理を約束するものです。なお、製造上の欠陥の判断は弊社裁量によるものとさせていただきます。

保証対象

保証の対象となるのは製品本体部分のみで、消耗品は保証の対象となりません。

保証適用外

保証期間内であっても以下の項目に該当する場合は保証いたしません。

  1. 製品取扱説明書の内容に反した使い方によって生じた故障、損傷
  2. 使用上の誤り、または不当な修理や改造によって生じた故障、損傷
  3. ハードウエア自身の消耗に起因するもの(製品の性質上、フラッシュメモリの書き込み回数や、コンデンサおよび充電池の充放電特性などの寿命があります)
  4. 商品送付後の輸送、移動、落下等によって生じた故障、損傷
  5. 火災、地震、水害、落雷、その他の天災、公害、異常電圧、または不測の事故によるもの
  6. 指定外の電源、ケーブル、その他を接続したことによるもの
  7. 接続された他の機器が原因で生じた故障、損傷
  8. 車両、船舶等に搭載されたことによって生じた故障、損傷
  9. 譲渡などにより入手したもの
  10. 本製品が他社の提供するソフトウエア上で動作するという保証、及び使用によるその他の損害についての保証は行いません。
  11. OSおよびアプリケーション・ソフトウエアのバージョンアップ(障害対応ソフトウエアを除く)については、当保証に含まれないものとします。
保証有効範囲

製品保証書は、日本国内のみで有効です。

免責事項

弊社製品の故障、または運用した結果による直接および間接の損害について当社は、その責を一切負わないものとします。

本保証規定は事前の予告なく改正、変更される場合がありますので、ご了承ください。

This warranty is valid only in Japan.

WMS2 カタログダウンロード

WMS2 リーフレット WMS2 リーフレット(PDF形式:1.1MB)

WMS2 外観図

WMS2 外観図 WMS2 外観図(PDF形式:46KB)

参考資料

接続バリエーション 接続バリエーション(PDF形式:1.4MB)
WBGT機能について WBGT機能について(PDF形式:866KB)
重要なお願い:インターネット接続用セキュリティオプションについて 重要なお願い:インターネット接続用セキュリティオプションについて(PDF形式:399KB)
つなぎ方ガイド_WMS2_WXT536対応版_Rev2.2 つなぎ方ガイド_WMS2_WXT536対応版_Rev2.2(PDF形式:1.1MB)
つなぎ方ガイド_WMS2_WXT536対応版_RS485用_Rev2.2 つなぎ方ガイド_WMS2_WXT536対応版_RS485用_Rev2.2(PDF形式:1.1MB)

 

※ご購入者様には、センサごと(WXT530シリーズ、HMP155E、PTB210A、PTB330、PWD全種、DST111、DSC111、WMT700、WBGT測定)接続方法、利用可能データについて記載した資料を提供しております。

対応センサ一覧

対応センサ一覧(センサ種類と測定要素)

センサ型式 測定要素 用  途
WXT536 気圧、温度、湿度、降水(降雨、降雹)、風向、風速
WXT536
アナログ入力付
気圧、温度、湿度、降水(降雨、降雹)、風向、風速
接点入力(転倒ます雨量計)
温度入力(pt-1000)
差動入力(日射センサ用)
電圧入力(2.5V/5V/10Vレンジ)
WXT531 降水(降雨、降雹)
WXT532 風向、風速
WXT533 降水(降雨、降雹)、風向、風速
WXT534 気圧、温度、湿度
WXT535 気圧、温度、湿度、降水(降雨、降雹)
HMP155E 湿度、温度、露点温度、湿球温度
PTB210A 気圧、海面更生気圧(WXTまたはHMPセンサ併用時)
PTB330 気圧、圧力推移、QNH、QFE、海面更生気圧(WXTまたはHMPセンサ併用時)
WMT700 風向、風速、音響温度、トランスデューサー温度、信号品質、測定データの妥当性、センサ遮蔽
PWD10、20、50 1分間平均視程、10分間平均視程
PWD12、22、52 1分間平均視程、10分間平均視程、現在天気(NWS)、現在天気(SYNOP)、現在天気15分(SYNOP)、現在天気1時間(SYNOP)、降水強度1分平均、降水量、降雪深 道路管理
テストコース
施設管理
DSC111 気温、路面状態(WRS)、グリップレベル、水膜の厚さ、氷の厚さ、雪の厚さ
DST111 路面温度、気温、相対湿度、露点温度
DSC111+DST111 路面温度、気温、相対湿度、露点温度、路面状態(WRS)、グリップレベル、水膜の厚さ、氷の厚さ、雪の厚さ

 

※センサ詳細はヴァイサラ社Webサイトをご確認ください。

※WMS2は1台で異なる3種類のセンサを接続可能です。(出荷時に指定)

 

小型気象観測Webサーバー「WMS2」接続バリエーション 小型気象観測Webサーバー「WMS2」接続バリエーション(PDF形式:1.4MB)

 

WXT536WXT532WXT534WXT531

HMP155PRB210PTB330WMT700

PWDDSC+DSTCMP3RT